住宅ローンランキングでは変動と固定どちらの金利が人気なのか調べました

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

 

ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。

 

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

 

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

 

ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。

 

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。

 

住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

 

と言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。という事も重要なポイントです。
近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか明確な数字として算出する場合はシミュレーションがお勧めです。

 

臨時収入を当てにして返済を考えるのか、そうでないのかどれくらいの金利で何年間のローンと仮定し試算するのか、大まかに住宅ローンの返済額を計算できるので大変役立ちます。

 

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、気になる商品があれば試してみると良いですね。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。

 

マイホームを購入する際は頭金が必要です。
頭金は一切かかりません!と言った様な広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。その代わり、月々の返済額は膨らみます。月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入すると他の費用もかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、固定金利もしくは変動金利を選びきれない方が多いのです。というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。

 

にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。
こうしたデータも参考にしながら、金利傾向を把握して後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

 

住宅ローンを組もうと思ったらまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。

 

例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。

 

店舗にいく手間がないので非常に人気です。店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。そうはいっても、家を購入するのは数千万単位のお金を要します。
そこで、現金ですぐに支払いができる。
といった事は難しいですよね。

 

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?様々な方法がありますが、一番良いのは銀行や信用金庫といったところでしょう。

借金したいところを自分で選んでも良いのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋の選択に任せても良いでしょう。