Sample Page

自宅購入の資金は、現金一括で。という風な事は、通常あまり起こりえない事です。

 

多くの方は銀行等から住宅ローンを借金するのが普通だと思います。

 

借金の支払いをするとき、何が一番大変か?という事を聞くとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。ローンは長い間支払いをし続けなければいけません。

 

金利の上昇等も気になるところですし人生何が起こるか解りません。

途中で病気に倒れる可能性もあります。ですから、色々なリスクを考えて購入を考えることをお勧めします。

 

これから、マイホームを購入する予定のある方、返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、実際にかかる住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。

 

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

念願だったマイホームを購入してから数年で、三大疾病にかかってしまったらどうしたら良いのでしょうか。普通は、団体信用生命保険に加入していると思うので債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、そうでないものもあるため、必ず確認が必要です。

それに同じ保険でも診断された時点で支給されるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

このような保証も月々でみるとそれほど大差はないので、万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。

 

これから、新築または中古の家を購入される方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、約10%を税金として支払う義務があるのです。この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。
他にも年齢や金額によって細かく決められているので、出来るだけ手数料をかけずに返済していく方法を考えましょう。
他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。

 

審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

 

という事も重要なポイントです。住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを検討されている方も多いでしょう。

 

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

 

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。
という訳ではありません。

理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。
借り換えを考えている時はそういった事も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。とはいえ、家は高額な買い物です。
このため、現金をすぐに用意する。
という様子は誰でもできる事ではありません。
それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?様々な方法がありますが、一番良いのは銀行、信用金庫などが借り入れしやすいです。

借金したいところを自分で選んでも良いのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、担当者に全て任せる。

 

という方法もあります。